スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

841~850までの問題です。

 841~850までの問題です。( )内のカタカナを漢字に直してください。※答えはドラッグすると出てきます。

841: (セッパク) - ヒョウシ ( 雪魄 )氷姿

意味:雪のように清らかな魂魄と氷のような姿。梅の形容。また,高潔な人のたとえ。

842: ギョウテン - (フキ) 仰天( 不愧 )

意味:心に疚しいことがなければ天に対しても恥じることはないということ。

843: (ハキ) - ウンケツ ( 波詭 )雲譎

意味:文章が自在で非常に巧みなこと。

844: シュウケン - (ボウジョ) 衆賢( 茅茹 )

意味:多くの賢者が協力し合うこと。

845: (ガンアイ) - チセイ ( 銜哀 )致誠
意味:哀切な気持ちと誠の心をささげて死者を弔うこと。

846: ザンテイ - (セッテツ) 斬釘( 截鉄 )

意味:釘や鉄を断ち切る意味から,毅然として決断力があるたとえ。

847: (オウユウ) - ジョウスウ ( 甕牖 )縄枢

意味:貧しく粗末な家の形容。

848: (アジャク) - ムセイ ( 鴉雀 )無声

意味:ひっそりとして声のないこと。静寂なさま。

849: (シュウサン) - ジッシュン ( 聚散 )十春

意味:別離のあと,瞬く間に歳月が経過したということ。(杜甫の詩)

850: チョウセイ - (ボキ) 朝成( 暮毀 )

意味:建物などの造営が盛んなことのたとえ。

 お疲れ様です。いかがでしたでしょうか?個人的には844番の四字熟語が好きで,「漢検 四字熟語辞典」には,賢人は自分だけが重用されればよいという考え方はしないということ,と補足してありまして,これを初めて観た当時は衝撃でしたね。私も初めて1級を受験した時や2回目,3回目と受験していく内に「自分はこの人よりも出来る!」とか「絶対に一番になってやる」などの気持ちを持っていました。一見みてみますと,その考えは向上心があっていいように思えますが一歩間違えると自分に慢心が生まれてしまうと思います。どの分野にもそうですが自分に強力なライバルが出現するとどういうわけかその人を避けたり蔑(さげす)んだりしてしまいます。これは自分の心の中に負けたくない気持ちがあるからでしょう。だから自分は駄目なんです。今回の受験後に1級受験者の方々と軽いお話をさせていただきましたがとても楽しかったです。自分では思いつかないような勉強法を教えてもらったりとプラスになることばかり教えていただき本当にありがたかったです。こういうのが大事なのかなと思いますね。現在は自分の持っている知識を少しでも1級受験者の方のお役に立ちたい気持ちでいっぱいです。ですのでこれからも精進していきたいと考えていますのでよろしくお願い致します。四字熟語はどれだけ覚えているかが勝負になるので何度も辞典を引いて少しでも目を通してくださいね。でも目を通すだけだと覚えられないから,何かしらの工夫が必要(問題を作るなど)なので気を付けてくださいね(笑)それでは長々と書きましたが今日はこれで失礼致します。次回は簡単だと思います(笑)
スポンサーサイト

831~840までの問題です。

 それでは831~840までの問題です。( )内のカタカナを漢字に直してください。※答えはドラッグすると出てきます。

831: (サタ) - サイゲツ ( 蹉跎 )歳月

意味:ただ時間をむだにして,空しく過ごすこと。

832: テンガン - (シセキ) 天顔( 咫尺 )

意味:天子のおそばに侍る(はべる)こと。

833: シンコン - (コテイ) 深根( 固柢 )

意味:物事の基礎をしっかり固めること。

834: (キョウヘキ) - キョゾウ ( 嚮壁 )虚造

意味:拠り所もないのにむやみにないものを作り出すこと。

835: シュウアク - (カンジャ) 醜悪( 姦(奸)邪 )

意味:非常に醜くよこしまなこと。

836: (センレン) - キハツ ( 賤斂 )貴発

意味:物価が安い時に買い入れて,物価が高騰したときに安く売り出す物価安定策のこと。

837: (センソウ) - ジョコン ( 剪(翦)草 )除根

意味:災いを根こそぎ除き去ること。また,問題を根本から解決するたとえ。

838: (ボウビ) - コウハツ ( 尨眉 )皓髪

意味:白毛が混じった眉と白い髪。転じて,老人のこと。

839: (キキ) - カゲキ ( 騏驥 )過隙

意味:ほんの一瞬の出来事のこと。また,時の過ぎることが極めて速い形容。

840: チョウキ - (ルイコウ) 重煕( 累洽 )

意味:光明を重ねて広く恩恵が行きわたること。

 お疲れ様です。839番の四字熟語はよく間違えるので要チェックですね。840番の問題は825番でも出題しています。個人的に書いてて思ったんですがそこまで難しくないですね(笑)でも次回は結構難しいと思いますので楽しみ(?)にしていてくださいね(笑)・・・ここ最近,準1級~5級までの四字熟語調査ばかりで厭になってきました(笑)それでは失礼致します。

821~830までの問題です。

 今日は時間があるので引き続いて書きます。821~830までの問題です。( )内のカタカナを漢字に直してください。※答えはドラッグすると出てきます。

821: (ドウモク) - ケツゼツ ( 瞠目 )結舌

意味:驚いて呆然とすること。

822: イキン - (ショウケイ) 衣錦( 尚絅 )

意味:才能や徳を外にあらわに出さないこと。

823: (タイコウ) - ゲンシュ ( 大(太)羹 )玄

意味:規則のみにしばられた淡白で面白みのない文章のたとえ。

824: カンピャク - (フウイツ) 勧百( 諷一 )

意味:益よりも害の多いこと。

825: (チョウキ) - ルイコウ ( 重煕 )累洽

意味:光明をかさねて広く恩恵がいきわたること。

826: ササイ - (サイジ) 瑣砕( 細膩 )

意味:情のこまやかなこと。

827: (トウジョウ) - シュウコ ( 蹈常 )襲故

意味:今までのやり方を受け継いでそのとおりにしておくこと。

828: フカ - (ハンタク) 浮家( 泛宅 )

意味:船の中に住まうこと。漂泊して暮らすことから,放蕩する隠者の生活をさす。

829: (コクキ) - キュウレン ( 哭岐・哭逵 )泣練

意味:人は習慣や心がけ次第で善人にも悪人にもなるということ。

830: (フゼイ) - ケンユウ ( 附(付)贅 )懸肬

意味:無用なもののこと。

 お疲れ様です。意味はなぜ隠さないかといいますと,何度も目で視て覚えてほしいからです。漢検1級の試験では意味を書きとる問題はなく,意味を選択する問題なので,一字一字覚えるよりも大まかに覚えるぐらいでちょうどいいと思います。特に覚えづらい四字熟語の意味などは,最悪「良い意味or悪い意味」で区別するようにしています。これだけでも結構使えます(笑)それではお疲れさまでした。

811~820までの問題です。

 前回に引き続いてです。( )内のカタカナを漢字に直してください。※答えはドラッグすると出てきます。

811: (シンヤ) - ケンドウ ( 晨夜 )兼道

意味:昼夜の区別なく急行すること。仕事を急いで行うこと。

812: トキ - (フキョ) 兎起( 鳧挙 )

意味:素早いことのたとえ。

813: (ヒョウオウ) - セツワン ( 氷甌 )雪椀

意味:清らかで上品な文具のこと。また,それを用いて詩文を写すこと。

814: ウフウ - (ヨウイク) 嫗伏( 孕鬻 )

意味:鳥や獣が子を産み育てること。

815: (シコウ) - キュウマイ ( 舐糠 )及米

意味:被害がだんだん拡大すること。

816: チュウレン - (トウカイ) 仲連( 蹈海 )

意味:節操が清く高いたとえ。

817: (カンテン) - ジウ ( 旱天 )慈雨

意味:大いに困っているときに救われること。また,待望していたことが実現すること。

818: チュウケン - (コウケイ) 中権( 後勁 )

意味:戦略,陣容ともに整っていること。

819: (イイン) - フテイ ( 伊尹 )負鼎

意味:待望のために身を落とすたとえ。

820: クンオン - (カイガク) 君恩( 海壑 )

意味:君主の恩は海や谷のように深いこと。

 お疲れ様です。個人的には816番のトウカイは「韜晦(才能や身分などを包み隠すこと)」と間違って書いてしまいがちなのかなと思います。初めは出来ないのは当然なので,何回もチャレンジして確実に覚えましょう。漢検1級は他の級と違って,頑張って覚えるととてつもない達成感が味わえる級なのでどんどん自分の知識を増やしましょう☆それでは失礼いたします。

801~810

 いきなりですが1~800までの問題は様々な問題集を合わせて作りましたので今の所載せるつもりはないです。どうもすみません(泣)それでは問題を載せていきます。( )内のカタカナを漢字に直してください。※答えはドラッグすると出てきます。

801:耆婆( 扁鵲 ) ギバ - (ヘンジャク)

意味:名医のたとえ。(漢検漢字辞典P266にしかない超難問)

802:( 連璧 )賁臨 (レンペキ) - ヒリン

意味:二人の客が同時に来ること。

803:一望( 無垠 ) イチボウ - (ムギン)

意味:ひと目でかなたまで広々と見渡されること。

804:疑雲( 猜霧 ) ギウン - (サイム)

意味:疑いのかかっていることを雲や霞にたとえた語。

805:( 攘臂 )疾言 (ジョウヒ) - シツゲン

意味:得意なさま。

806:( 撥雲 )見日 (ハツウン) - ケンジツ

意味:気がかりなことがなくなって希望が持てるようになること。

807:槁項( 黄馘 ) コウコウ - (コウカク)

意味:貧乏などで窶れきった顔のこと。

808:( 七嘴 )八舌 (シチシ) - ハチゼツ

意味:意見の多いこと。また,あちこちから意見の出ること。

809:万寿( 無疆 ) バンジュ - (ムキョウ)

意味:いつまでも長生きすること。

810:倒載( 干戈 ) トウサイ - (カンカ)

意味:戦いがすんで平和になったことの形容。

 以上です。更新は10問程を予定しております。どうもお疲れさまでした!

はじめに

 ここ数年1級の四字熟語を見ますと,いくつかは新出が出てきていて満点(30点)を取るのは難しくなってきています。私自身,H20-3に出題された「瑣砕( 細膩 )」は書取も意味も間違えてしまいとても悔しい思いをしました。しかし試験直後,漢検協会も同じ問題ばかりではなく,1級リピータも悩ます問題を出してきたな,と逆に楽しくなり,あまりにも過酷な1級四字熟語の修得に臨みました。現在(H22-1)は988問創りました。今回からこの中からまだ出題されていないのを中心に挙げていきたいと思います。中には,同じ問題や既に出題されている問題もありますが気にしないでください(笑) それではお互い頑張りましょう!

近況報告

 漢検1級の試験が終わりもうすぐ1週間が経過しようとしています。本日私の自宅にも解答が届き自分の解答と比較してみたところ点数に変動はなさそうです(プラスにはならないです。もしかしたら減点あるかも)。(二)の「なきじゃくる」がちょっと心配です。あとは多分大丈夫だと思います。現在は1級配当の漢字の熟語を合格捷径から拾って問題にしている作業をしております。私は初めて1級に合格して,そのあとに新星出版社の問題集を購入しましたが,今回出題された「センゼイ」がその問題集に掲載されていた問題と結構似ていたので改めて見直した所,ばっちりありました。一度終わらせた問題集をもう一度見直すのは大事なんだな,と思いましたし,今見てみると,この問題集は漢検漢字辞典に載ってない熟語が多々あり,その熟語には二重線を引いて勉強しなくていいと書いてましたが,これはいけないですね。たとえ辞典に載ってなくても読み問題では出題される可能性がありますのでせめて読めるようにしないと危険です。現に120ページの問題の一つに「この港はカイショウ( 開敞 )で展望がよい」とありますが,勉強した当時は辞典に載っていないので当然カットしましたが,この開敞という熟語はH20-3に読み問題として出題されていますので,漢検協会は新星出版社に掲載されている問題も参考にしているということは間違いないでしょう。仮に違ったとしてもこの問題集は結構難しい問題がありますので実力アップには最適かなと思います。今一番力を注いでいるのが準1級の勉強でして,1級の勉強に準1級の勉強って役に立つの?という声がありますが,正直高得点を狙わなければ必要ありませんし,一生懸命覚えても報われる可能性は極めて低いです(笑)なので現在1級を目指している方は準1級の勉強はせずに,1級の勉強をしてください。そのほうがずっといいです。準1級は正直苦手でH20-3の問題をやってみたんですが,185点と大苦戦…。1級は185点以上は結構出ますが準1級で180点以上は正直困難です。最近は準1級の難易度が上昇しているような気がして170点台はとれるけど180点台にいかない,という人が多いのではと思います。それは常用漢字の問題が至る所にあって180点はおろか各設問で満点をとることさえ難しくなってきているので正直しんどいです。準1級は普段耳にする諺などが出てきますので覚えないといけないし,共通の書取が安定しないんですよね(泣)でも照準は来年の2月なので今からコツコツ勉強して少しでも知識を磨いていければなと思います。それでは今回はこんな感じで終わりたいと思います。なんとか受験する皆様方の役に立ちたいなと思い四字熟語問題でも作成しようかなと思いますが中々めんどくさいのであまり進んでいないです(笑)でもいつかは載せたいなと思いますので気長に待ってください(笑)それでは失礼いたします。

試験が終わりました

 皆様どうもお疲れ様です!1級試験はどうでしたか?私が受験した場所では凡そ40人程受験していました。試験後周りでは今回は難しかったとちらほら聞こえてきましたがこれを観ている方は多分大丈夫でしょう(笑)それでは今回の見直しをしていきたいなと思います。

1級受験日:平成22年6月20日(日) 点数:193点(2ちゃんねるの仮解答と自分で調べた範囲ではこうでした)

間違った所 ※答えはドラッグすると出てきます。
(1)23.亡母遺愛の手匣( てばこ )である。 私が書いた答え(以降「×」で表記します):てかがみ
(2)14.濁世の汚埃をセンゼイ( 蝉蛻 )する。 ×:洗毳
(10)2.況んや明末の典雅風流を尚び,カンカ( 干戈 )日に警むると雖も・・・ ×:轗軻
10.郊外園囿と云えどもチュウジン( 稠人 )公衆の区には必ず数員出張し,・・・ ×:忠尽

 以上となりました。まず今回の良かった点を挙げますと,凡ミスがほぼありませんでした!これは凄い進歩で私自身非常に嬉しいです。いくつか迷った答えもあったんですが,結果的に正解に導けたので有意義のある60分だったのでは,と思います。では今回の悪かった点を挙げますと,「匣(はこ)」と「稠人」は正解に達することが出来た,ということです。どちらも最初は正解にたどり着いたのですがどうも自身がなく,確信が持てぬまま間違ってしまいました。特に,「稠人」の方は初めは書いたんですがこんな熟語あったっけ?と思い,直前の書取で忠尽をやっていたのでこっちを書いてしまいました。辞典で調べてみると「稠人」はありましたしこれはもったいないと思います。前の試験でも狡獪(こうかい)を書けずに間違ってしまい,この熟語も辞典にちゃんと載っていました。こういう取りこぼしが試験で出ると正解できない,ということを今回の受験で学ぶことが出来ました。

・次回の検定対策について
 次回は10月?(11月?)にあるのでこれまでにきちんと仕上げていきたいなと思います。取り敢えず今の所考えているのは「簡単な熟語でもいいから慣れ親しんでおく」ことです。今回は合格捷径に載っている熟語の中でかなり難しい熟語を厳選して問題を作りましたが,これだけでは不十分だというのがわかったのでこれからは,合格捷径に載っている難しい熟語だけでなく簡単な熟語も載せて慣れるようにしていきたいです。いずれにしても今回の受験が終わって正直しんどかったです。前回が奇跡の190点越えをしたので今回はそれを超えなきゃという使命感?みたいなのに駆られて毎日齷齪していましたが,こういった小さなことで悩んでしまう所を見るとまだまだ修行が足りないなと思います。点数が高い低い,この人より上だったではなくて間違えた自分を愧じて二度と間違えないようにする,次回からどう対策するか,といった向上心を持つのが大事だと思います。点数の高い低いで判断するならわざわざ受験料を支払ってまで受験しないで,過去問を解けばいいと思うし,自分がなぜ受験料を支払ってまで1級を受けるのかをもう一度考え直さないといけないなと思いました。結果を見れば前回よりも成長しているのは確かなんだからもっともっと上に行けるように日頃から精進しないといけないなと思いますので明日からいつも通りに勉強をしていきたいと思います。それでは,皆様試験本当にお疲れさまでした。結果が良かった人も実力を発揮できずに悔しい思いをされた方も次回に向けて頑張りましょう!応援してます。それでは失礼致します。

いよいよ明日試験ですね!

 いよいよ明日です。今回はどういうわけかいつもよりも待ち遠しかったです。前回が奇跡的に良過ぎたからだと思います。前回は前回,今回は今回,という風に割り切らないと思わぬところでつまずいたりするものです。気ばかり焦ってケアレスミス連発…なんてことにならないように残り1日を頑張りたいと思います。仕上げ段階としましては結構良かったかなと思います。後は試験で自分の実力を遺憾なく発揮するのみです。いつも私は試験を受けに行くのではなく,自分のやったことを披露する学芸会のようなイメージで行っています。そうすることで気持ちもやわらかくなるしのびのびと出来るので個人的には良いかなと思っています(笑)現在は間違った問題を復習しているのですが,今日で全部終わらせると直前にやることが無くなるんですよね(笑)なのでその辺は上手く調整したいなと思います。それでは,もしこの記事を見てくださる方がいらっしゃったら1級合格を心から願っております。試験は時間勝負なので時計を忘れないようにしないといけませんね。たまに会場に時計が無かったりするんで(笑)それでは失礼いたします。

残りあとわずかになりました

 試験までもうすぐです。最近は更新が滞っていますが決して遊んでいたわけではありません(たまに息抜きくらいはします(笑))現在は今までやった問題の総復習をしておりますがやはり各分野とも100%クリアは無理ですね。問題数もけっこうありますのでケアレスミスはあって当たり前なのであまり狙っていませんけれど。ここ最近嬉しかったのが5級~準1級までの四字熟語をやっていて,初めは1級の四字熟語もあるのに他の級まで手が回らないよ!と思っていたんですが,以外にも解けていてちょっとびっくりしています(笑)今回の方針は「5級~準1級までの四字熟語の意味は覚えなくていい」でやっています。書きだけなら意外と覚えることが出来るんですね。これはちょっとしたお得情報になりますね。試験まであと少しですが少しでも間違いを探していきたいと思います。私はいつも試験前には問題を正解することよりもどこで間違ったかを優先するようにしています。何度か受験していても練習では書けたり読めたのに本番で間違ってしまったりしたことが多々ありましたので,最近は1問1問に気を配りつつ問題を解いています。個人的に思うのが,2月の試験から6月の試験までの期間が長いなと思いました。正直辛かったんですが実力をじっくり養成する期間だと思えばこの辛さもきっといいものに変わると思います(笑)それでは残り少ないですが1級を受験する皆様方が良い結果が出ることを願って私も頑張りたいなと思います。それでは今日はこの辺で失礼したいと思います。

受験票が届きました!

 本日受験票が届きました。毎度のことながら受験票が届くと俄然やる気が出てくるんですよね(笑)試験まで残り少なくなってきたのでより一層気を引き締めて頑張りたいと思います。この時期になると毎日寝不足になりがちなので無理をしないで本番に臨みたいですね。今ここで無理して本番前に風邪とか引いてしまうともったいないですからね。ちなみに私はそういった経験はないです(笑)それでは今日は疲れているのでもう寝ます(笑)

自分自身に勝つために・・・

 試験まで残り10日程となりました。受験する方々にとっては最後の追い込みをして合格するために必死に頑張っている中自分は全然勉強していません。本当に情けないです。私はいつも試験直前(1週間前程)に詰め込み,記憶が新しい内に試験に臨むスタイル(いわゆる前日に試験勉強するようなものです)です。今まではこの方法で何とかなっていましたが,だんだん年数を重ねていくうちに,「あれっ。この字はどんな意味だったっけ?」などと,熟語一つ一つに疑問が生まれてくるようになり,ただ単に熟語を覚えるだけでなく,どうしてこの熟語になったかなどを考えるようになってきたのでこれについては私自身とても大きな進歩だと思います。人間飽きには勝てません。よくあるのが「もし,今中学校や高校に戻ったらもっと勉強したい,人生やり直したい」などと聞きますが,私は正直過去には戻りたくないです。仮に戻ったとしたら,初めはとても楽しいと思います。何しろ既に1度やったことがあるのですから。しかし,もしつまずいてしまったら?恐らく私は当時の私と同じ行動をとっていると思います。今出来ることをしないで後になってから「あの時こうしていればなぁ…」と幾度となく考えました。実際に最初の受験から現在に至るまでを振り返ってみると凡ミスをいくつかしていて「あの時もっと読み問題をやっていたらミスしなかったのに」等と毎回のように後悔しています。正直言って勉強は飽きています。同じ問題を3年やっています。どうせ試験をやっても自分はある程度の点数は取れるから多少妥協しても良いだろう,という心が宿っています。だから自分は駄目なんです。漢検1級を5年も10年も受験されている方はどうして飽きないんだろう…。漢検に限らず,同じことを何年も続けている方はどうして続けることが出来るのだろう,といつも考えています。いまの自分の答えとしましては「飽きないために創意工夫をしている」ということです。この工夫の仕方によって自分自身を更なる高みへと進むことが出来るのではないでしょうか?個人的なイメージとしては,「毎日塩こしょうの味付けでは飽きるからたまには醤油にしてみよう」などといった簡単な工夫です。こんな感じで全然いいと思います。いつも私は問題を作成していますがどれも試験形式ばかりで日常世界じゃほとんど使えないです(笑)いっそのこと大きく外れたことをやってみると意外な発見があるかもしれません。話が大きく脱線してしまいましたがいずれにしても試験直前に動くのではなく,今自分が出来ることは何かを探してみたいと思います。折角お金を払って受験しているので後悔はしたくありません。残り少ない日々で自分自身を高めていき,最高の状態で試験に臨めるように努力していきたいなと思います。それでは今日はこの辺で失礼いたします。

方針が決まりました

今回受験する予定の平成22年度第1回(6月20日)までに作成した問題数を挙げたいと思います。

~1級~
音読み:1037問
訓読み:1132問
当て字・熟字訓:1799問
熟語の読み:1526問
国字:221問
四字熟語(書き):985問
四字熟語(意味):985問
故事・成語:748問
対義語・類義語:347問
書取選択1:240問
書取:2358問
書取選択2:629問

~準1級~
四字熟語(五級):204問
四字熟語(四級):158問
四字熟語(三級):134問
四字熟語(二級):179問
四字熟語(準1級):278問
書取:801問
音読み:120問
訓読み:124問
熟語の読み:136問
表外読み:214問
故事・成語:112問
対義語・類義語:153問
漢字習熟度対策?:537問

合計:15157問

以上の結果となりました。前回は11962問でしたので,3195問新規に追加されたことになります。正直問題数が増えすぎて頭がおかしくなりそうです(笑)。問題は増やせばいいというわけではありません。1つ1つの意味をしっかり理解して覚えなければ何の力にもなりません。当初の目標は13000問でしたのでこのラインはクリアされたこととなりますが,この問題数が果てして吉と出るか凶と出るかは残り2週間弱の生活で変わってくると思います。個人的には準1級以下の四字熟語が当たってほしいと思いますし,対義語・類義語も今回は20点取りたいです。故事・成語は正直対策が出来ないんですよね(泣)。いずれにしても今回もいつも通りの平常心で臨んでいきたいと思いますのであまり気負いせずに頑張りたいと思います。それでは今日は近況報告という形で終わらせていただきたいと思います。

本日間違えた問題(熟語の読み)その2

それでは続きです。答えは前回同様ドラッグで出てきます。

918:輟める ( や とど )-める
※この読みは幾度となく間違えます。輟食( てっしょく )の熟語がありますが,これは「食事をやめる」という意味なので「や-める」なのでしょう。

1034:擲る ( なぐ )-る

1040:輾る ( めぐ )-る
※輾転反側( てんてんはんそく )の4字熟語があり,意味は「心配したり思い悩んだりして眠れずに何度も寝返りをうつこと」とあり,この意味から,寝返りを打つ→まわ-る と脳内変換してしまい間違えてしまいます。

1056:敖る ( おご )-る

1098:滉い ( ひろ )-い

1104:旰い ( おそ )-い
※この字も非常に厄介で旰れる(  )-れるの2種類がある字です。いつも「くら-い」と読んで間違えますので,「日が旰(く)れて旰(おそ)い時間に帰る」のような洒落に似せて覚えたほうがよさそうです(笑)

1136:澆ぐ ( すす )-ぐ

1142:揀ける (  )-ける

1180:湮ぐ ( ふさ )-ぐ

1212:穢い ( きたな )-い

1259:柔懦 ( じゅうだ )
※柔和( にゅうわ )のみ「にゅう」と読み,後は「じゅう」でございます。

1274:咨る ( はか )-る

1281:逗撓 ( とうどう )

1316:旰い ( おそ )-い
※さっきも出てきたような気がします(笑)

1320:豁ける ( ひら )-ける
※「豁い( ひろ )-い」と混同しました。

1364:徊う ( さまよ )-う

とりあえずこれぐらいです。間違いが多いので書くのも一苦労です(笑)次回はもっと減らせるように努力したいです。



本日間違えた問題(熟語の読み)その1

それでは本日間違えた問題を復習したいなと思います。
※答えはドラッグすると出てきます。

139:阨巷 ( あいこう )
※この字は「( アイ ),( ヤク )」2つの読みがあり非常に紛らわしい字の1つです。今回は「アイ」の用例で間違えましたが「ヤク」の用例は
阨塞( やくそく ),阨窮( やっきゅう ),窮阨( きゅうやく ),阨困( やくこん )の4種類が辞典と合格捷径から確認することができました。しかし,このほかにもあるかもしれないし,個人的な読みとしましては「アイ」を用いる時は,「阨」の字は「せまい」という意味になり,辞典には「せま-い」の訓読みが載っていませんので,覚えなくてもいいかもしれません。しかし,文章問題では使われる可能性が高いと思われますので,時間を掛けて覚えていくしか今のところ方法が見当たりません。

256:耄ける ( ほう )-ける
※これは完全に忘れてました。

274:匆しい ( いそが )-しい
※私が最も嫌いな訓読みの1つです。(笑) 完全征服には「偬しい ( せわ )-しい」が載っていますので混同します。それに「偬」の訓読みは辞典に載っていませんし「偬」は今まで一度も出題されていませんのでこれは無視していいと思います。現在の傾向(平成21年度まで)を見てみると試験200点満点の内196点位までが辞書に必ず載っている熟語で載ってないのは,文章題や故事・成語などで満点防止として載せているのだと思われます。熟字訓は大抵が辞書に載っていますので慌てることはないと思います。唯一難しいなと思ったのが,H20-3の擣碪( とうちん )位でした。擣碪は合格捷径に載っていて辞典には載ってませんでした。正直この分野は曖昧(あいまい)な部分が多いので苦手ですが頑張りたいと思います。

476:詬める ( はずかし )-める
※これも完全に忘れてました。

540:徼る ( めぐ )-る
※まわ-る,たちもとお-るで混同しました。徼循( きょうじゅん )という熟語がありますが,これの「循」という字も,循る( めぐ )-るなので,覚えやすいと思いますが間違えてますね(笑)

542:嗽ぐ ( くちすす )-ぐ
※これも274同様かなり嫌いな読みです。「漱ぐ( くちすす すす )-ぐ」と同様に扱えますが,「嗽」の方では「すす-ぐ」が使えないので本当に嫌です。

667:禳禱 ( じょうとう )

692:愾る ( いか )-る
※「いきどお-る」と混同しました。

814:泓い ( ふか きよ )-い
※「ひろ-い」とよく間違えます。

815:狃習 ( じゅうしゅう )

※とりあえず長くなりそうなので分割します。

本日の復習(当て字・熟字訓)その2

前回(その1)の続きです。あまり長いと見ずらいので2分割にしました。答えは前回同様ドラッグで答えが表示されます。

1656:白湯 ( さゆ )
1665:黒衣 (くろご くろこ)
1669:胡菫菜 ( えぞすみれ )
1672:磯魚 ( いさな )
1705:鶏冠 ( とさか )
1712:水狗 ( かわせみ )
1714:檜皮 ( ひわだ )
1715:弱檜 ( さわら )
1716:寿光木 ( さわぐるみ )
1718:鹿薬 ( ゆきざさ )
1719:鹿砦 ( さかもぎ )
1727:蒲魚 ( かまとと )
1731:和尚菜 ( のぶき )
1737:和尚菜 ( のぶき )
1738:玉環菜 ( ちょろぎ )
1740:酔魚草 ( ふじうつぎ )
1748:大葉藻 ( あまも )
1757:竹柏 ( なぎ )
1773:贖児 ( あがちご )
1781:烏芋 ( くわい )
1794:磯魚 ( いさな )

 これで全部です。今回は59問間違えて正解率は1799問中1740問で約96.72%でした。
数字だけみるとよく見えますが同じ問題を間違えているし終わりに近づくにつれて間違える頻度も増えているのでこれではダメです。もっともっとやれば更に良くなると思うので試験前までにもう少し正答率を上げていきたいなと思います。それでは今日はこれぐらいで失礼いたします。

本日の復習(当て字・熟字訓)その1

 それでは本日間違えた問題を復習したいなと思います。
※問題の答えはドラッグすると出てきます。(尚,同じ問題が出ててもミスではなく私の記憶力がダメということで認識していただければ嬉しい限りです(笑))

245:蝦蛄 ( しゃこ )
394:鹿驚 ( かかし )
453:蘿蔔 ( すずしろ )
611:海狗 ( おっとせい )
683:巻子 ( へそ )
688:障泥 ( あおり )
708:外障 ( うわひ )
849:東風 ( こち )
932:千屈菜 ( みそはぎ )
1046:方頭魚 ( かながしら )
1051:烏芋 ( くわい )
1053:牛尾菜 ( しおで )
1074:鼓子花 ( ひるがお )
1087:檜皮 ( ひわだ )
1093:野芝麻 ( おどりこそう )
1137:青茅( かりやす )
1141:問荊 ( すぎな )
1151:厚皮香 ( もっこく )
1174:青竜蝦 ( しゃこ )
1224:内障 ( そこひ )
1369:稚子 ( みずこ )
1401:蛇舅母 ( かなへび )
1416:玉柏 ( まんねんすぎ )
1421:野山薬 ( やまのいも )
1428:譫言 ( うわごと )
1433:紅藍花 ( べにばな )
1454:大葉藻 ( あまも )
1459:茶梅 ( さざんか )
1478:生海布 ( なまめ )
1524:主神 ( かんざね )
1547:竹柏 ( なぎ )
1561:檜柏 ( びゃくしん )
1590:紙魚 ( しみ )
1599:葦雀 ( よしきり )
1612:香橘 ( くねんぼ )
1633:狼尾草 ( ちからしば )
1636:睡菜 ( みつがしわ )
1646:青竜蝦 ( しゃこ )




腑抜け者

 平成22年度第1回試験まで後2週間と迫り,本来ならば総仕上げをしなければなりませんが何もしてません(笑)どういうわけかやる気が起きないです。試験勉強してやる気が起きないことはしょっちゅうあるので特に珍しいわけではありませんですが,これはちょっとまずいです。勉強するうえでいつも気をつけていることは,
問題を作ったくらいで出来た気にな」 ことです。
問題を作るとどうしても作成した当時は覚えていますので中々復習する機会を失ってしまいます。いざやってみると全然分からないことも屡(しばしば)ありますのでこれがいけないと思います。今回の1級を受験するうえで目標となるのは,
  • ケアレスミスを1つにする
  • 最後まで諦めない
  • 自分自身に勝つ
 なので残り2週間をどれだけ頑張ったかで決まるかと思います。この記事を書いているときはやる気が少しは戻ってきたみたい(笑)なのでこれから頑張りたいと思います。それでは今日はこの辺で失礼いたします。

本日間違えた問題(訓読み)

本日は間違えた訓読みを復習したいと思います。
※答えはドラッグすると出てきます。

229:木に縁(  )りて魚を求む。
248:仏を廃して釈を毀( そし )る。
393:堂に升( のぼ )り室に入る。
475:口を漱( すす )いだ。
476:敵陣を摧( くだ )いで陣形を立て直した。
529:馬の胸から鞍に掛けわたす紐を鞅( むながい )という。
542:糲( くろごめ )を精白して食べられるようにする。
557:蛟( みずち )は想像上の動物で大水を引き起こす。
584:あの男の子は髦( たれがみ )が印象的だ。
595:貴婦人の間で( わげ )が流行している。
596:屋根を葺くのに枌板( そぎいた )を用いた。
599:鶚( みさご )はタカ科の鳥で水辺に生息している。
604:鶲( ひたき )は飛びながら空中の昆虫を捕食する。
616:襌( ひとえ )に腕を通した。
639:夫に先立たれた女性を孀( やもめ )と呼ぶ。
647:胙( ひもろぎ )を祭終了後に分配した。
657:罔象( みずは )とは水の神のことである。
665:怖い夢に( おそ )われて目が覚めた。
673:風邪を引いたので餬( かゆ )を食べて栄養補給する。
684:滷汁( にがり )を豆腐に用いる。
692:袍( わたいれ )は寒さを防ぐのに適した着物のことだ。
697:赭土( そおに )は古代,顔料などにも用いられた。

とりあえずこれぐらいです。試験前とはいえ間違えが多いので少しずつ消化していきたいなと思います。

本日間違えた問題(音読み)

では今日間違えた問題を載せて復習したいなと思います。
※ドラッグすると答えが出てきます。ちなみに音読みです。

149:打毬( だきゅう )は平安時代に親しまれていたものである。
525:ビタミンDが欠乏すると佝僂( くる )病にかかってしまう。
   佝僂病・・・背骨や手足の骨の発育に障害が起こる病気のこと。
531:彭彭( ほうほう )として商店街が賑わっている。
542:裙屐( くんげき )を箪笥から取り出す。
   ※実は「裙屐」の「屐」という字は,辞典にも合格捷径にも載っていなかったです。でもなぜか辞典の見出し語にはあるんですよね。(380ページ)この熟語の他にも辞典に載ってない漢字がいくつか混じっていたような気がします。
651:話が佳境に入るや否や突然,听然( きんぜん )として笑い出した。
711:彼女の心は猗靡( いび )として美しい。
714:枸杞( くこ こうき )の実を薬に用いる。
726:掾史( えんし )は小役人として用いられていた。
※いつも「じょうし」と呼んで間違えます(笑)「じょう」は訓読みの方ですね
761:徳を備えた耄耋( もうてつ ぼうてつ )のご老人。
844:旧習の誣罔( ふもう )を弁じ蒙を啓かんとす。(H14-1)
※誣妄( ふぼう )と混同していつも間違えます。
854:覓国使を剽劫( ひょうきょう )する。
※「劫」はこの熟語では「きょう」と読みます。
877:搤腕( やくわん )として悔しがる。
880:楞厳( りょうごん )経は禅宗と深い関わりをもつ。
898:主君の乱行を諫諍( かんそう )する。(H20-1)
945:暴れる野鹿を獮撃( せんげき )し一命を取り留めた。
※意味は殺してしまうことです。他にも,獮田( せんでん )や獮取( せんしゅ )などもあります。

とりあえずこれぐらいです。試験まであと2週間位なので少しずつ気を引き締め頑張りたいと思います。

去年の過去問は0点でも構わない?

 平成21年度の問題と平成20年の問題を比較してみるとかぶってる問題がありませんでした。(おおまかに見ただけなのでもしかしたらあるかもしれません。)ということは,去年の問題を出来なくてもあまり関係ないという憶測が出てきます。私も初めて1級を受ける時,最新の過去問(この時は平成19年度でした。)をやってみましたが,一度も160点越えは出ず,140点~150点位だった記憶があります。でも実際の試験では170点越えは出来ましたので,あまり深く考えすぎなくていいと思います。ただ,漢検1級を合格するのによく「過去問は3~5年分はあったほうがいい」と聞きますが,それは本当だと思います。正直漢検1級は過去問がかなりあって過去問を10年分位をほぼ完璧(かんぺき)にすると140点台は軽く出ます。実際の試験平均点を見てみても100点もいっていませんでした。(大体,受験者全員の平均点は80~90点位だったと思います。)・・・いずれにしても,漢字検定1級を受けるならまず過去問を覚えたほうがいいです。特におすすめしたいのが,日本漢字能力検定さんが出版している
完全征服 1級」ですね。これはたいていの書店に売っていますし,実際の試験会場でも読んでる人が結構いました。しかし,完全征服1冊だけでは合格は無理だと思います。(よほど漢字に精通している人は可能だと思いますが)なぜかと言いますと,ぶっちゃけ完全征服は簡単なんですよ。本当に基本的で日常生活で聞いたことがある単語が多いですし(例:団欒(だんらん),完璧(かんぺき) 信憑性(しんぴょうせい)など)正直これだけでは100点も厳しいかもしれません。現に私は完全征服を一通り覚えて成美堂の問題集を解いたら60点位しか取れませんでしたし。(笑)でも完全征服は必ずやってほしいし,これに過去問を合わせると点数がかなり飛躍して合格点に大きく近づくことが出来るはずです。
 でも今回覚えててほしいのは「去年の過去問は出来なくても構わない」という点です。では,完全征服と過去問以外でやった方がいい問題集があるのかと思いますが,それは次回にしたいと思います。
※(あくまでも個人的な見解で述べているだけなのでおかしいと思ったら無視して全然構いません☆)

準1級までの知識は忘れても構わない!

 初めに漢字検定1級を受験するにあたって注意したいのが,「漢検1級に準1級までの知識は必要ない!」ということです。なぜかというと漢検1級と準1級は正直次元が違います。過去問を見てみても常用漢字が主体の2級から準1級までの問題はほとんどないため,仮に全問不正解だったとしても合格は十分に可能だと思います。(実際は,準1級を合格した方々が1級を受験するはずなので普通に解けると思います。)・・・とりあえず漢検1級は他の級と次元が違うから準1級が出来なくても気にする必要はないということです。
※(あくまでも個人的な考えを述べてますのでなんか違うなと思ったら気にしなくて全然構わないです☆)

偏差値40から始めた漢検1級(続きその3 準1級という名の悪魔)

 漢検2級に合格した私は,すぐさま準1級に申し込むべく書店で問題集を開きました。・・・パタン,5秒で問題集を閉じました。一瞬私は,自分の目を疑いました。何故なら,1問も問題が解けなかったからです。しかし,準1級も合格したい一心で問題集を買いましたが,全然覚えられなくて2級であれだけ良かったのに準1級ではまるで赤子のように扱われるかのような感じでした。必死で覚えても所詮(しょせん)は丸暗記。時間が経てばすぐに忘れる。これが繰り返され一度準1級を受けるのを諦めました。自分は2級を持っているからもういいだろう,とまで思いました。・・・それから約2年間は漢字の勉強をやめて自由に遊んだりしていましたが,ふと,準1級の勉強がしたいと思い,再び準1級の勉強に臨みました。何度も挫折しましたが,奇跡的に2カ月で合格することが出来,とても嬉しかったです。準1級はたまに過去問をやりますが,難しいです。例えば,H8-2(平成8年度の第2回)の過去問では,1級が200点だったのに対し,準1級では185点と成果がぜんぜん上がりません。漢検1級だけでなく,準1級にも精通していると本番での安心感も違いますので受験はしないと思いますが,勉強していきたいと思います。

偏差値40から始めた漢検1級(続きその2 常用漢字チャンプの2級~)

 準2級に合格して,すぐに2級の申し込みをしました。・・・ところが,あまりの難しさに唖然(あぜん)するしかありませんでした。準2級では150点台取れていたのに2級になると80点位しか取れず,2級の恐ろしさを思い知りました。それに2級になると受験料も高くなるので,なんとか1回で合格したかったので,自分に檄(げき)を入れて必死に勉強しました。するとどうでしょう。初めは80点台しか取れなかったのに,80→100→120→140 と,どんどん点数が上がっていくではありませんか!これには自分自身とても嬉しくて,「ちゃんとやれば出来るじゃん!」そういう気持ちにさせてもらったのを今でも覚えています。試験前まで毎日問題を解き,いよいよ本番を迎えました。試験では見たことある問題がたくさんあり,「これ,本当に試験なの?」とまで思ったほどでした。結果は,自分でもびっくりの180点超えで合格することが出来,大変満足のいく試験結果でした。(しかし,この時準1級という悪魔が背後に忍び寄っていることを当時の私は知る由もありませんでした...)

偏差値40から始めた漢検1級(続きその1 はじめての準2級~)

 自分にも何か資格が欲しいと思い,思いつきで漢検準2級を受験してみました。・・・すると,漢字を勉強するのが楽しい!ということに気づいたのです。初めは合格点(準2級は140点です。)に届きませんでしたが,「これを書けたら受かったのに」とか「見たことあるんだけどな…」といったことが多々あり,間違った問題を何度もやり直して合格できました。この時,合格した時の嬉しさが現在の漢検1級に直結していることと思います。

偏差値40から始めた漢検1級

 最初に言っておきますが,私は頭が悪いです。(笑) 漢字は国語の中では一番好きな分野ですが,全くもって「読めない,書けない」ので実は結構トラウマでした。(笑) 
 まず,「街角」という熟語がありますが,私はこれを「がいかく」と読んでしまい,×になったのが今でも鮮明に覚えています。(答えは, まちかど ですよね。) これ以降は,漢字が嫌になり,ほとんど漢字に関わらないで生活していました。・・・ところが,自分の漢字嫌い人生を覆(くつがえ)す出来事が訪れたのです!

漢検1級を合格するにはどうすればいいの?

 私は漢字を勉強し始めてから早くも3年目になりました。漢字検定1級は平成20年度第2回に合格して以来(その時は174点でした)現在も受験し続けています。現在思うのは,最近の漢検1級の合格率がおよそ15%なのにも関わらず,7割位がリピーターであることで,いつもあとちょっとの所で不合格になってしまう方が多いということです。最近は難易度も上がってきて勉強しがいもありますがやっぱり1級は合格したいですよね!
 今私が思うことは,自分はこういったことをして1級を合格できたよ!といった勉強法を紹介して,毎年果敢に挑戦される方々の助けにでもなってくれればと思います。勉強の仕方は人それぞれで私の勉強法が合わないと思う方もいて当然なので,時間があって暇という方は読んでいただけたら幸いです。(笑)
 それでは,少しずつではありますが,「自分はこういった方法で合格した方法」を書いていきたいと思います。

本日間違えた四字熟語

では,本日間違えた四字熟語を書きたいと思います。

( 道揆 ) 法守 どうき-ほうしゅ

意味:道理をもって物事をはかり定め,法度を自ら守ること。

どうも,はじめまして!

どうも,はじめまして。カミュと申します。漢字検定1級の問題を中心に漢字の奥深さや面白さを共有できたらとても嬉しいです。よろしくお願い致します。
カミュ
漢字検定1級を中心に書きたいなと思います☆更新は気まぐれです

カミュ

Author:カミュ
みなさんこんにちは!

最新記事
来てくださった方々
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。