スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

81~90までの問題です。

 それでは81~90番までの問題を掲載したいと思います。いつも通り問題の隣に答えを書いてありますのでドラッグしてくださいませ。下の方に解説の手引きも書いていますのでそちらも参照してくださいませ。

81:鶴頚 かくけい  82:鑒戒 かんかい

83:附牋 ふせん   84:萠隷 ぼうれい

85:盃洗 はいせん  86:勅謚 ちょくし

87:辧解 べんかい  88:懐劒 かいけん

89:撃鑵 げきふ   90:崑崘 こんろん

81:「頸」の異体字が「頚」です。これも読みの方が難しいですね。「カッケイ」が正しいのかさえわかりません。

82:「鑑」の異体字が「鑒」です。

83:「箋」の異体字が「牋」です。

84:「萌」の異体字が「萠」です。準1級の「合格捷径」に載っておりました。

85:「杯」の異体字が「盃」です。これも結構みたことありますね。

86:「諡」の異体字が「謚」です。これも難しいですね。

87:「弁」の異体字が「辧」です。これも有名ですね。

88:「剣」の異体字が「劒」です。この字は個人的に気に入っておりまして,書けるようになりたいものです。

89:「缶」の異体字が「鑵」です。この熟語は難しいです。仮に「缶」の異体字と分かっても「ゲキカン」と読んでしまい間違えてしまいがちですね。これを機に覚えられたらどんなに嬉しいことでしょう(笑)

90:「崙」の異体字が「崘」です。最後は崑崙で占めたいなと思って作っていて,無事に終えることが出来て凄く嬉しいです。

 お疲れ様です。今回で異体字の問題も終了です。自分も試験前などに確認することが出来るように作成しましたので問題形式が合わないよ,という人もいたかもしれませんがご了承してくださいませ。今回はこの辺で失礼いたします。
スポンサーサイト

71~80までの問題です。

 それでは71~80番までの問題を書きたいと思います。いつも通り問題の隣に答えを書いてありますのでドラッグして確認してくださいませ。下の方に解説の手引きを書いていますのでそちらも参照してくださいませ。

71:雌蕋 しずい   72:澆潅 ぎょうかん

73:皸裂 くんれつ  74:薗芸 えんげい

75:弯曲 わんきょく 76:剿滅 そうめつ

77:做物 さくもつ   78:流憇 りゅうけい

79:芟苅 さんがい  80:層疂 そうじょう

71:「蕊」の異体字が「蕋」です。

72:「灌」の異体字が「潅」です。

73:「皹」の異体字が「皸」です。「クン」という音は知りませんでした。

74:「園」の異体字が「薗」です。これも出なさそうですね。

75:「彎」の異体字が「弯」です。

76:「剿」の異体字が変換できませんでした(汗)「刂」が「刀」になるんですが。

77:「作」の異体字が「做」です。

78:「憩」の異体字が「憇」です。初見では「カン」と読んでしまったと思います。

79:「刈」の異体字が「苅」です。

80:「畳」の異体字が「疂」です。

 お疲れ様です。次で最後です。

61~70までの問題です。

 それでは61~70番までの問題を書きたいと思います。いつも通り問題分の隣に答えがありますのでドラッグして確認してくださいませ。下の方に解説の手引きを載せましたので参照してくださいませ。


61:棊局 ききょく  62:妨礙 ぼうがい

63:尅復 こくふく  64:弌葦 いちい

65:棺槨 かんかく 66:目覩 もくと

67:亢慠 こうごう  68:卻走 きゃくそう

69:荼毗 だび    70:才皃 さいぼう

~解説の手引き~

61:「棋」の異体字が「棊」です。

62:「碍」の異体字が「礙」です。

63:「剋」の異体字が「尅」です。

64:「一」の異体字が「弌」です。

65:「椁」の異体字が「槨」です。この熟語はH22-2にも出題されましたね。

66:「睹」の異体字が「覩」です。

67:「傲」の異体字が「慠」です。

68:「却」の異体字が「卻」です。

69:「毘」の異体字が「毗」です。これも出題されなさそう。

70:「貌」の異体字が「皃」です。

ただの勘違い?

 本日暇だったから適当に色々なサイトを観ていたら,「あれっ,ここの文章私の記事と同じじゃない?」と思われるサイトを発見。かぶってはいけないと思い,私の記事は削除しました。(今回実地されたH22-3の故事です。)私の勘違いならそれでいいのですが,何か腑に落ちないので異体字の問題を終えたら暫く更新やめます。ちょっと時間を置かないと駄目っぽいです。もし勝手に引用されていたとしたら正直腹が立ちますね。まぁ気まぐれで始めたブログなので消そうと思えばいつでも消せますしね。「引用なんてどこでもやってるから別にいいんじゃないの?」とは私も多少は思うのですが,ブログをこうして更新している以上,もし他人のブログの記事の内容を書くようならば一言そのブログにお願いはします。それぐらいのマナーは持つべきだと思います。なので,心のもやもや感が消えなさそうなので異体字を終えたら暫く更新しません。自分勝手ではあると重々承知ですがお許しください。それでは,失礼いたします。

51~60までの問題です。

 それでは51~60番までの問題を書きたいと思います。いつも通り問題の隣に答えを書いていますのでドラッグして確認してくださいませ。下の方に解説の手引きを載せましたので参照してくださいませ。

51:大荳 だいず   52:蚊蝱 ぶんぼう

53:泪嚢 るいのう   54:伜者 さいしゃ

55:渚鴎 しょおう    56:成刧 じょうごう

57:綫条 せんじょう 58:旅鴈 りょがん

59:椶櫚 しゅろ    60:廼公 だいこう

51:「豆」の異体字が「荳」です。これも出題されなさそう…。

52:「虻」の異体字が「蝱」です。

53:「涙」の異体字が「泪」です。この字はよく見たことありますね。

54:「倅」の異体字が「伜」です。「せがれ」の意味しか知らなかったのでこれを機に覚えたいです。

55:「鷗」の異体字が「鴎」です。

56:「劫」の異体字が「刧」です。異体字よりも読むのが難しいです。

57:「線」の異体字が「綫」です。

58:「雁」の異体字が「鴈」です。

59:「棕」の異体字が「椶」です。これも出るか微妙なところですね。

60:「迺」の異体字が「廼」です。

41~50までの問題です。

 それでは41~50番までの問題を書きたいと思います。いつも通り問題の隣に答えを書いていますのでドラッグして確認してくださいませ。下の方に解説の手引きも載せましたので参照してください。

41:碕嶇 きく     42:晄朗 こうろう

43:商鋪 しょうほ  44:竜渕 りゅうえん

45:紅蕚 こうがく  46:悤劇 そうげき

47:駈除 くじょ    48:鵄張 しちょう

49:邨醸 そんじょう 50:韵致 いんち

41:「崎」の異体字が「碕」です。「イ」とは読み間違えないかな?

42:「晃」の異体字が「晄」です。

43:「舗」の異体字が「鋪」です。改訂された新星出版の問題集にもありましたね。

44:「淵」の異体字が「渕」です。

45:「萼」の異体字が「蕚」です。

46:「怱」の異体字が「悤」です。これも出題されなさそう…。

47:「駆」の異体字が「駈」です。

48:「鴟」の異体字が「鵄」です。

49:「村」の異体字が「邨」です。もうすっかりお馴染になってしまいましたね。

50:「韻」の異体字が「韵」です。

お疲れ様です。44番の「りゅうえん」は「りょうえん」でも正しいのですかね。どうも「りゅう,りょう」の使い分けが分かんないので辞典に載っている方を書きました。曖昧ですみません。

31~40までの問題です。

 それでは31~40番までの問題を書きたいと思います。いつも通り問題の隣りに答えを書いていますのでドラッグして確認してくださいませ。下の方に解説もどきを載せましたので参照してください。

31:楳霖 ばいりん 32:尓今 じこん

33:烟幕 えんまく 34:逕路 けいろ

35:崕岸 がいがん 36:石笋 せきじゅん

37:朞首 きしゅ  38:遺阯 いし

39:延竚 えんちょ 40:埜鄙 やひ

~解説の手引き~

31:「梅」の異体字が「楳」です。

32:「爾」の異体字が「尓」です。

33:「煙」の異体字が「烟」です。

34:「径」の異体字が「逕」です。

35:「崖」の異体字が「崕」です。

36:「筍」の異体字が「笋」です。

37:「期」の異体字が「朞」です。これは結構有名かもしれませんね。

38:「址」の異体字が「阯」です。多分大丈夫そうですね。

39:「佇」の異体字が「竚」です。

40:「野」の異体字が「埜」です。準1級の問題集にも「緑埜(りょくや)」という熟語が結構出てきますのでこれは覚えています。

ちょっとメモ

 H22-3に出題された「雲端にる心地がする。」という問題が出ましたがこの「雲端に霾る」とはどういう意味なのでしょうか。これは,「雲の端から土まじりの風が吹き下って,あたり一面が暗いようなさまをいう。」こうしてみると中々良い文章だなと思いますね。それでは本当に今回はちょこっとメモみたいな形で書いただけです。それでは失礼いたします。

調(みつぎ)が読めた理由

 H22-3の(一)の24番に「弓弭の調を献上する。」という問題が出題され,試験時私は,「しるし」か「みつぎ」で迷って「みつぎ」と書いて正解でした。初めて1級を受験したH20-2では,「陳(ひ)ねた」,H21-3では「尽(すが)れた」と出題され今回も常用漢字の表外読みが出題されました。タイトルにもあるとおり私がこれを読めた理由は,実は成美堂出版の準1級に掲載されてました。第9回の(二)-3に「米を調として納めた。」とありここで間違えていたために今回正解することが出来たのかなと思います。ブログを書き始めた当初,去年の問題は全くやる必要がない,と書きましたが今回その考えは崩れ去りました。
今回読み問題で出題された,「秣場(まぐさば)」「霾(つちふ)る」はH21-1で出題されていました。たしか「秣場(まぐさば)」はH9-2の文章題の読み問題にも出題され出題頻度が高そうだと思いました。今のところわかっているのは,1年に3回ある試験のうち1回は常用漢字の表外読みが出題される可能性が極めて高い。出題される表外読みの内,1級ではなく準1級の表外読みも出題されることも分かりました。(今回出題された調は準1級です)また,四字熟語辞典に掲載されている「之のつく熟語の索引」にも目を通さないと太刀打ちできないこともわかりました。あまりにも難しい熟語や,人の熟語は無視して,割と簡単に書けて良い意味のものを探すしかないのかなぁ。この「割と簡単に書けて」というのが微妙なところで,「頷下(がんか)の珠」は簡単な部類に入っているのでしょうかね。
 また,今回出題された熟語の読み,一字訓読みの分野で,「輟食(てっしょく)・輟(や)める」は辞典の見出し語には載っておらず,一応訓読みが書いてあるから問題にしておこうと思い,気まぐれで作った問題がまさか出るとは思いませんでした。しかし,この「輟」が載っている1097ページは,今回出題された「輟食・輟める」,もしかしたらどの問題集にも掲載されている割合が高い皆勤賞レベルの饕餮(とうてつ),今回出題された「前轍(ぜんてつ)」,割と最近出題された「涅(でっ)し」と過去問の宝庫ですね。ちょっと笑いました。それでは今回はこの辺で失礼いたします。

21~30までの問題です。

 それでは,21~30までの問題を書きたいと思います。(…えっ,誰も待ってないよって?それでも書きますよ!)問題の隣りに答えがありますのでドラッグしてくださいませ。一応下に解説もどきも載せております。

21:舞踴 ぶよう 22:掴裂 かくれつ 

23:咒法 じゅほう 24:麇集 きんしゅう 

25:圀辱 こくじょく 26:睿覧 えいらん 

27:瑤凾 ようかん 28:夘月 ぼうげつ 

29:青翆 せいすい 30:遠嶋 えんとう 

~解説もどきです~

21:「踊」の異体字が「踴」です。

22:「摑」の異体字が「掴」です。この熟語は準1級の「合格捷径」にしかありませんでした。

23:「呪」の異体字が「咒」です。

24:「麕」の異体字が「麇」です。これも多分出なさそうですね。

25:「国」の異体字が「圀」です。

26:「叡」の異体字が「睿」です。

27:「函」の異体字が「凾」です。

28:「卯」の異体字が「夘」です。

29:「翠」の異体字が「翆」です。

30:「島」の異体字が「嶋」です。

ちょっと理不尽ではないかと思う問題

 (四)の語選択の問題の1番に「からまりつくこと」の意味を的確に表す語は何か,という問題がH22-3に出題されました。答えは「纏繞(てんじょう)」ですが,私は「縹緲」と書いて不正解でした。今更終わったことをぐだぐだ書いてもしょうがないのでしょうが,この「纏繞」という熟語,実は漢検漢字辞典に載っておりません。平成15-2に「峭峻(しょうしゅん)」という「高くけわしいさま」という意味の問題が出題されたのですが,この熟語も漢検漢字辞典に載っておらず,この頃はまだ現在の問題形式に発足したてだからこういう問題が出題されても仕方ないなと思っておりましたが,今回遂に恐れていたことが起きてしまいました。では,この「纏繞」という熟語を書く方法はないのでしょうか。過去問にも載っていない,漢検漢字辞典にも載っていない…。これでは答えるというのが無理な話し…,と思ったら「1級合格捷径」という本の375ページに載っておりました。ただ,この本には「纏遶=纏繞」と書いてあり,これはわからないと思いました。そもそもこの「1級合格捷径」は現在絶版で入手することでさえ困難であり,この本を持っている方なら分かると思いますが,熟語に振り仮名が載っていないものが多々あり,とても勉強出来そうにありません。もしかしたら,成美堂や新星出版社など他の問題集に「纏繞」が掲載されているかもしれませんが,個人的に過去問でさえ漢検漢字辞典に掲載されていないものはたとえ書き取りで出題されても覚えません。漢検漢字辞典で精いっぱいなのに無理ですよね。以上のことから,今回出題された「纏繞」は今の私ではどう足掻いても書くことは出来なかった,ということになります。ただ,試験後に自分で辞典を見ながら解答を探していたらなぜか「纏繞」が分かったんですよね。今思うとこれは何故だろうか。自作問題の「熟語の読み・一字訓読み」に「圜繞・圜る」という問題を作っており,これから推測出来たのでしょうかね。いずれにしても次回は出来れば辞典に掲載されている範囲で出題されてほしいと思いました。それでは今回はこの辺で失礼いたします。

11~20番までの問題です。

 11~20番までの問題です。隣りに答えが書いてありますのでドラッグして確認してください。下に解説の手引き(あまり役に立たなさそうだけど…)を書きました。

11:平瘉 へいゆ    12:拒捍 きょかん 

13:弔卹 ちょうじゅつ 14:塲裏 じょうり 

15:飜刻 ほんこく   16:刀爼 とうそ 

17:礦床 こうしょう   18:蠏眼 かいがん 

19:曬書 さいしょ   20:拏獲 だかく 

11:「癒」の異体字が「瘉」です。

12:「扞」の異体字が「捍」です。

13:「恤」の異体字が「卹」です。

14:「場」の異体字が「塲」です。初見では「ショウ」と読み間違えそう。

15:「翻」の異体字が「飜」です。

16:「俎」の異体字が「爼」です。「刀俎(とうそ)魚肉の際」という故事・成語もあり,覚えておくと得かもしれませんね。意味は,「死に瀕した非常に危険な場合のたとえ」です。

17:「鉱」の異体字が「礦」です。

18:「蟹」の異体字が「蠏」です。これは覚えやすそうですね。

19:「晒」の異体字が「曬」です。音も「サイ」しかなく試験で出題されていたら確実に間違えていました。

20:「拿」の異体字が「拏」です。

異体字の読み問題を作成しました。

 H22-3の問題に「邨醸(そんじょう)」の読み問題が出題され次回は多分出題されなさそうですが,今後出題されたとき稼ぎ問題になることを目指して作ってみました。短文は考えると途中で確実に挫折するので熟語のみ載せましたのでお暇であればやってみてくださいませ。問題は10問ずつ書いていきたいと思います。答えは問題の隣に書いてありますのでドラッグしてくださいませ。問題の下に解説の手引きを書きました。大した解説になってはいませんが何の異体字かは書いておきましたので確認しておくと良さそうですね。


1:嵒盤 がんばん 2:黐黏 ちでん

3:女聟 じょせい 4:謌伎 かぎ

5:卆読 そつどく 6:汁盌 じゅうわん

7:攜行 けいこう 8:咏進 えいしん 

9:襍纂 ざつさん 10:壥宅 てんたく 


~解説の手引き~

1:「岩」の異体字が「嵒」です。この「嵒」は「癌」という字を連想すればいいのかな。

2:「粘」の異体字が「黏」です。この熟語はどこかで見た記憶があった気がします。

3:「婿」の異体字が「聟」です。これは全く知らなかった。

4:「歌」の異体字が「謌」です。

5:「卒」の異体字が「卆」です。

6:「碗」の異体字が「盌」です。

7:「携」の異体字が「攜」です。どうして「携」になったんだ?

8:「詠」の異体字が「咏」です。

9:「雑」の異体字が「襍」です。絶対「シュウ」と読んでしまいそう。

10:「廛」の異体字が「壥」です。これは出題されなさそう。

 お疲れ様でした。問題は90問まで作成しましたので,適度にアップしていきたいと思います。それでは今回はこの辺で失礼いたします。

点数に変動はなさそうです。

 本日解答が届き確認してみたところ,特に変動はなさそうです。(点数が下がる可能性はありえますけれど) 解答用紙を眺めていますと,確かに「失当」は目立ちますが1級で出題されても何ら問題ないように見えますね。今回学んだのは,たとえ1級以外で且つ簡単な熟語で表されるものも正解の可能性がある,ということでした。次回の参考になりますね。文章問題の7番の「燦然」ですが,解答と問題文を読んでみると,前件重大の罪跡明らかに,御心術正否著(しる)く,皇国浮沈の機サンゼンたる上は,寸毫も余論を容るるの地之無く候に付き,大義の所在を明らかにし,王室恢復の赤心を貫徹し,…とありますが,ここで青で記してある「明らか」に注目してみると,明らかになるサンゼンとは?→もしかしたら「燦然・燦らか」の「燦然」かも,となってもしかしたら正解になったかもしれないですね。尤も今思いついたことを書いてあるだけなのでこんな解き方合ってるはずもありません。けれど文章中には絶対ヒントがありそうな気がします。そうでなければ半ページも使用して文章題を作成するはずがありませんものね。次回から問題の前後文位は読むようにしたいと思います。なんだか解答が来てすっきりしました。また新たな気持ちで頑張っていきたいと思います。それでは失礼いたします。

意外にたくさんあってびっくり

 「村」の異体字が「邨」であることがわかり,他にどんなのがあるか調べてみるとこれがまた,多くてびっくりしました。一応私がパッと見て?と思ったのが95個ありました。もちろんわかるやつもあり,それは飛ばしたのでだいたい150個位はあったと思います。とりあえず今回は報告まで。ここまでは調べれば分かることなのでまだ良いのですが問題を作るのがだるくなるんですよね。また企画倒れだろうなぁ(笑)それでは,失礼いたします。

「邨」は「村」の旧字体ではなかった。

 今日ふと「邨」の字が旧字体だから初見ではわからないものを自分なりにピックアップしてみようかなと思い漢字必携の「旧字体一覧表」を眺めていたところ,…あれ?「村」の字が載ってないぞ。「邨醸」はどこかの問題集に載っているのかなと思い探しても見つからず(旧型の新星出版にはありませんでした。),辞典を眺めると「村」の親字の隣に書いている「邨」に旧字体とは書いておらず,じゃあ何なんだ?と辞典の使い方のページを観てみるとどうやら旧字体ではなく「異体字」と呼ばれるものらしいです。今まで全く気にしたことがありませんでした。漢検1級の試験では初出の字が必ず出てきますので見たことない字だと「音符で読むことが出来るから無視した」か「辞典で完全に見落としていたんだな」のどちらかで,私は試験を受けた時,この字だけ見たことがなく「あれ?こんな字あったっけ」と考えたのを覚えております。近々この「異体字」というのをピックアップしてまとめる必要がありますね。試験毎に課題が出てくるのは非常に良いのですがそれを解消できるのかが問題ですよね。焦らず少しずつ前に進んでいきたいと思いますね。それでは,今回書いたことを簡単にまとめてみます。

1・「邨」は「村」の旧字体ではなく異体字である。

2.時間がかかってもいいから異体字を自分なりにまとめる。(明らかに見てわかるものは無視)

3.まとめたものを簡単な熟語で読めるようにする。(この時の熟語は漢検漢字辞典に掲載されている熟語で構わない)

 …とまぁこんな感じですね。それではこれから探していきたいと思います。それでは失礼いたします。

最近ハマっていること

 2月6日の試験も終わり漸く解放されたような気がしてここ数日はだらっと過ごしておりました。最近は故事・成語にハマってきました。なにせ今回の試験の故事・成語は尋常じゃない難易度でしたからね。私が知る限り今までの中でもかなり難しい部類に入っていたのではないでしょうか。故事・成語は非常に奥が深く,とても数年で理解できるような内容ではなく自分が一生懸命探したものも永遠に出題されないかもしれない。しかし,そういった概念を捨てて単純に「この故事好きだなぁ」とか「おっ,これは漢検でも出題されるかも」というような軽い気持ちで少しずつ勉強していった方が楽しいですよね!何でも試験の事ばかり気にしているとあまり楽しくないですしね。ということでしばらくは故事・成語の勉強を少しずつやっていきたいと思います。漢検四字熟語辞典に掲載されている「~之」から始まるものをピックアップした方が良さそうだなと思いました。まだまだ対策点は多そうですがこれからもひそひそと頑張っていきたい所存です。それでは,今回出題された故事・成語からいくつかピックアップしておきましょう。

・H22-3に出題された問題です。答えはドラッグすると出てきます。

※H23 2-18 勝手に引用された疑いがありましたのでここの記事は削除しました。

 最後に一言いいますと故事・成語は面白かったです。でも解けないと悔しいと思ってしまうのでまた頑張りたいと思います。それでは失礼いたします。

試験が終わりました。(H22-3)

 本日試験があり一応解答したので掲載します。答えは2ちゃんねると自分の持っている辞書等で調べました。2ちゃんねるで解答掲示してくれる方凄いなぁ。

(一)

9:邨醸野肴を一夕の饗応に充てる。

×:とんじょう ○:そんじょう

 これが「村」の旧字体だなんて知りませんでした。
※確認したところ「村」の旧字体ではありませんでした。訂正してお詫びいたします。

(二)

15:昼になって朝顔の花がツボんだ。

×:蕾 ○:窄

 14,15共に同じ答えを書きました。仮に「窄」の字を知っていたとしても逆にしていたと思います。この辺で意味わからんと思い始めてきております。

(四)

1:からまりつくこと。

×:縹緲 ○:纏繞

 「纏繞」の熟語は漢検漢字辞典に掲載しておりません。こんなの分かる訳ありません。完全に満点防止問題ですね。

(六)

4:鬼頭魚

×:かながしら ○:しいら

 あれほど当て字をやったのにもかかわらず間違えてしまいました。練習の時は読めていたのですが身についていなかったのでしょうね。今回一番悔しかったです。

(七)

2:

×:きたな ○:しわ

 なぜか辞典にチェックしておりました。一つの漢字で読み方が数種類ある問題は鬼門ですね。

(八)

4:剴切⇔( しっとう )

×:簒奪 ○:失当

 言い訳させてください。始め「失当」だと思ったんです。でもこんな簡単な熟語1級では絶対に出ないと思ったのが終わりですね。迷いなく書けた方いるのかなぁ。

5:受禅⇔( さんだつ )

×:失禱 ○:簒奪

 「受禅」は初めて見る単語でした。禅を受けるのだから「悟りを得るのでは?」と思い試験中ずっと考えていて,最初,「受ける」の逆は「奪う」だから「簒奪」か?と思ったのですがそれだと「しっとう」が何なのかわからない。すると「禱」は祈る意味だから「失禱」で行けるのではと思い書きました。最後に言いますが難しかったです。

(十)

6:憂国の諸藩東西に奔走し,王事にキッキュウして国家疲弊し,終に斃れんとして欲して止まず,…

×:詰求 ○:鞠躬

 鞠躬尽瘁の四字熟語が浮かびませんでした。漢字必携の前の語句が「く」+後の語頭が「か行」→前の語句が促音化の公式が出ませんでした。試験中ずっと「きつ+きゅう」で考えていましたので正解に辿りつけなかったです。これは正解したかったなぁ。

7:前件重大の罪跡明らかに,御心術正否著(しる)く,皇国浮沈の機サンゼンたる上は,寸毫も余論を容るるの地之無く候に付き,…

×:潸然 ○:燦然

 さんぜんと聞けば潸然と脳内変換してしまう自分にとってはどうしようもない問題です。文章の意味もさっぱりわかりません。「~然」という問題は正解出来る気が全くしないです。

8:他の弊端相因りて生ずる者あり。此尤もセイヘイを執る者の慎重せざるべからざる所なり。維新の初め,…

×:聖秉 ○:政柄

 こんな熟語初めて知りました。対策のしようがないです。解けた人に勉強方法を伺いたいものですね。

ケ:或いは匆遽(そうきょ)紛更して以て矯正を求め,従いて又一偏に傾欹し,他の弊端相因りて生ずる者あり。…

×:けいい ○:けいき

 「欹」の読みは2つあり,「イ」と読むときは,「ああ。感嘆の声。」の時で他の時は「キ」と読むらしく「傾≒欹」らしいです。こういうのは出題しないでほしいです。なまじ知識が少しあるせいで解けないです

 こんな感じで自己採点は182点でした。前回より2点下がりました。というかこの試験で190点超える人凄いと思います。前回と比較してみますと明らかに今回の方が難しいです。というか各設問毎に明らかに満点を取らせない問題が増えています。最初の「邨醸」なんかわかるはずありません。旧字体は出題されなくなったので学習なんかしてないですし。でもH14-3以前から受験していた人にとっては簡単だったのですかね。(二)の「ツボんだ」は完全に卑怯です(泣)何とかして満点取らしたくない気持ちが伝わってきました。(8)の対義語は激ムズでした。上記でも書きましたが「失当」なんて1級受験者書くんですかね?それともこんな簡単に構成されているのは出題されるはずない,と踏んでいる私に問題があるのでしょうか。今回一番の収穫だったのは故事・成語が満点でした。8番の「甘瓜クテイを抱く」は最初全く分からなくて考えてみて,甘いときているからクテイの「ク」は苦いだなとすぐわかりました。そうしたら「テイ」がわからない。瓜に関係して「テイ」と読む漢字は何だ?と考えていたら,もしかしたら「蔕(へた)」かな?と思いました。適当に書いて当たったんでラッキーだったんですが,普通解けないですよね。前回も故事・成語が難しくて今回も難しかったので過去問だけで9問正解出来る時代は終わったのかな?と思いました。そうすると一層故事・成語の勉強が捗っていいのですが,初めて受験する人にとっては苦痛ですね。もし私が初めて今回受験したとしたら故事・成語は確実に5問しか会っていなかったと思います。それほど難しいと言えるでしょう。それにしても当て字は悔しかったなぁ。当て字は疑問が生まれたら終わりだと自分は思っているので見直しが簡単にできないんですよね。少しでも書けるようにしたいですね。
 今回感じたのはこんな所ですかね。今回の結果でまだまだ自分の実力が不足していることがわかったのでまた勉強し直さないといけないのはわかったのですが,文章題がこうも難しいと勉強する気が起きないです。どうにもなりませんもの。やはり本を読むしかないのかぁ。いずれにしても今回は難しくて面白かったので次回も受けますが,どんどん点数が下がってきている気がします。より一層努力が必要ということですね。それでは今回はこの辺で失礼いたします。本日受験された方々本当にお疲れ様でした。受験された皆様の結果が良いことを心からお祈りいたします。それではお疲れ様でした。

後は試験を待つのみ

 ようやく全分野の間違えた問題の見直しが終わりました。ここまで本当に長く険しい道のりだったけど間違えた問題を見直しているうちに「この時なぜ分からなかったのだろう」「ここ良く間違えるよなぁ」とか色々な思いが交錯しながら解いておりました。後は凡ミスやど忘れしないことを祈りながら試験時間まで待つしかなさそうです。ここまで挫折せずに頑張ることが出来た自分にお疲れさまと言いたいです。決して今回で勉強が終わる訳ではないので気楽に試験に臨みたいと思います。それでは皆さん頑張りましょう。では失礼いたします。

いよいよ明日試験ですね。

 とうとう明日が試験日ですね。今日は間違えた問題を総復習して一応最後の仕上げとなります。また各設問毎に問題を解くと新たな間違いが見つかり不安になるのでなるべくしないようにします。残すは国字と音読みと訓読みです。国字はいつも試験前日に解いております。国字は皆満点(10点)を取って当たり前(?)見たいな空気がありますので意外に緊張します(笑)どうも正解率が高いほど私は間違えることが多いです。といっても難しい問題は例に漏れず解けませんけれども…。いずれにしても前回とは違って落ち着いて試験に臨めそうな気がします。前回は本当に間違った問題がとても多く,試験1週間前には完全にやる気がなくなり,案の定試験では凡ミスを連発,とても不甲斐ない結果になってしまい,そのことが「今度は頑張る!」といった気持ちにさせてくれました。今回で8回目ですが,まだまだ知らない単語が多くて当然。そんな直ぐに習得出来るものなどあるはずはありません。そろそろ試験の結果よりも「この言葉は何だろう?」「どういった対策をすればいいのか?」などと考察していけるようになりたいです。明日の試験が終わってホッとするのか,はたまた心残りがあるのかは今日の仕上げ具合で決まってくると思いますので気を引き締めて頑張っていきたいです。それでは明日試験を受ける皆さま頑張りましょう!皆さまの結果が良いことを心よりお祈りします。それでは本日はこの辺で失礼いたします。明日は頑張るぞ~

残り2日です。

 とうとう試験前最後の土曜日となりました。やり残しがないように終わらせて試験当日は笑顔で臨みたいものですね。残すは2級と準1級の四字熟語と国字が残っています。きちんと集中してやればそこまで時間がかからないから頑張りたいです。それでは,今回はこの辺にして勉強したいと思います。

着実に前に進んでいる

 本日も昨日と同じ試験に向けての復習をしておりました。何度やっても間違える問題は間違えます。ほんの1週間前にやったばかりなのにすっかり頭から抜けている。そういった状況が幾度となくありました。本当に自分はしっかり覚えているのだろうか,と不安になることさえあります。でも細々とやっていることは事実です。いつか必ずグンと伸びる時がやってきます。しかしそれにはその時まで諦めずに取り組まないとやってきません。今週ももうすぐ折り返しになり気持ちは焦る一方。疲れもピークに達し何度挫折しても決して折れずに頑張りたいです。でないと今までの頑張りが無駄になってしまうから。自分が今何をしなければならないかは既に分かっているはず。後はそれに向かって努力あるのみですね。残り5日間気を引き締めて最後の追い込みを頑張りたいと思います。
カミュ
漢字検定1級を中心に書きたいなと思います☆更新は気まぐれです

カミュ

Author:カミュ
みなさんこんにちは!

最新記事
来てくださった方々
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。