スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H19-1の文章題の対策方法

 H19-1の文章題の問題に「唯其れ然り,故に哲学士の眼を閉じて冥想し,精神を脹大し,宇宙と合同し,聖霊にヒギし,上帝に接近するに及んでは,愉快の無限無辺なること,傍人の思議すべき所に非ざるなり。…」とあります。H19-1の試験はかれこれ2,3回はやっているのでそろそろ正解したいところです。 この答えは「比擬」なのですが,実は漢検辞典に載っていません。でも,擬の見出しの下つきに小さく比擬,模擬と用例が載っていました。現時点のレベルでは(恐らくこれから先ずっと)ここまで目が行き届かないと思いますので当然捨て問としてきっぱり切り捨てたいのですが何とか正解する方法はないのでしょうか。一応自分は庇擬と書いて間違えてしまい,擬の方は出たので残りは「ヒ」をどうやって導き出すかが鍵となります。文章から聖霊というものに置き換えるのだろうと推測し,置き換える→なぞらえる→だから擬である。ここまでは良いですね。ここで比喩という単語を思い浮かべば完璧です。比喩の意味は「相手にわかりやすく説明するのに特徴がはっきりしている他の類似したものを引き合いに出して表現すること」なので「比」の単語にも「たとえる,なぞらえる」という意味も含まれているのだと自ずとわかると思います。(実際に比の意味の②にたとえる,なぞらえるとありました。) このように,1つ1つの字の意味をしっかり理解していないと解くのは極めて困難だとわかりました。また,冒頭に書きました通り比擬は比の用例に載っていませんので今後出題される可能性はほぼ零(ゼロ)と言えるでしょう。今回折角記事に書いたので今度はしっかり書けると嬉しいですね(笑) それでは今回はこの辺で失礼いたします。もう少しで過去問も終わりそうなので頑張ります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カミュ
漢字検定1級を中心に書きたいなと思います☆更新は気まぐれです

カミュ

Author:カミュ
みなさんこんにちは!

最新記事
来てくださった方々
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。