スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさかの23個…

四字熟語の問題で朮羹艾酒が出題され自身の四字熟語の甘さが浮き彫りとなりました。今回、対策の1つに四字熟語辞典に掲載されている1級四字熟語の洗い出しを行ったのですが、何と残り23個だったというあっさりな結果でした。拍子抜けしたのと同時にもうミスは出来ない気も起きました。一先ず1級四字熟語はほぼ全て拾いだしが完了しました。残りは準1級~5級までの上2文字、下2文字のマスターだけですね。時期を見つけてチャレンジしていきたいですね。後、今回出題された「君は盂の如く、民は水の如し」ですが、何とことわざ大辞典に掲載されてました。何故見つけられなかったのだろうか…。意味は「君主は鉢のようなものであり、人民はその中に入る水のようなものである。君主次第で民は四角にも円形にもなる。為政者の善悪の重要性を説いたもの」とありました。今回はこういった為政者や政界に関する問題がちらほら出て、現在の日本状況に触れて問題を作成しているのかなと感じました。今後の対策点は、故事・成語・諺の分野強化ですね。何とか問題をたくさん作って対策したいです。これに関しては数打ちゃ当たる戦法しか無いと思うので気力の続く限り頑張ります。それでは、失礼いたします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

はじめまして

今回はじめて漢検1級に挑戦しました。
たぶん130点ぐらいしか取れてないです。
もう見たくもないので真面目に自己採点してません。
再挑戦しようかどうしようか悩んでます。

Re: はじめまして

ゆんゆん様はじめまして。拙ブログに来ていただき誠にありがとうございます。

> 今回はじめて漢検1級に挑戦しました。

試験大変お疲れ様でした。実際に受検すると他の級には無い独特の空気がありますよね。

> たぶん130点ぐらいしか取れてないです。

過去問をやってみた時はいかがでしたでしょうか。今回は比較的過去5年分をやっておけばわかる問題がちらほらあった気がします。問題集は完全征服、成美堂の問題集、新星出版社、過去問をやっておけば、合格にぐっと近づくはずです。しかし、これだけでは140点~150点が限界の場合が多いので、漢検 漢検辞典に掲載されている熟語を探しだし、覚えていくのがやはり正攻法と言えそうです。特に訓読み、四字熟語は問題集だけでは不安要素が多いので自分なりに問題を作成し根気よく覚えていくしかなさそうです。初受検時、私は6600問程で合格出来ました。

> 再挑戦しようかどうしようか悩んでます。

是非またチャレンジしてもらいたいです。中々時間を割いて勉強されるのは大変なことだとは思いでしょうが折角苦労して覚えたのを水に流してしまうのはあまりにも惜しいです。1年に1回でも全然構いませんので是非1級合格目指して欲しいです。陰ながら応援しておりますので、また何かありましたらお気軽にご質問等していただけたらと思います。

こんにちは。

カミュさま、コメントありがとうございました。

過去問は2年分しか手に入らなくて、130~160点でした。
なので元より合格は無理だろうなぁと覚悟しておりました。
完全征服、成美堂、新星出版社も3回ぐらい繰り返してやりましたが
やっぱり問題集をやりこむだけでは1級は突破できませんね。

カミュさんお勧めの
「漢検 漢字辞典に掲載されている熟語を探しだし、覚えていく」
のは大変そうですね!
1字1字、辞典をひいて、書き出して、覚えるということでしょうか。
語彙も確実に広がりそうな勉強法ですね。

あと自分なりに思いつくのは
「問題集の『読み問題』を『書き問題』に作り直して、やってみる」とか
「四字熟語を全部覚える(つもりで取り組む)」とか。
文章題は語彙が豊かでないと太刀打ちできませんね。

「何をどうやったら合格できるんだろう?
 そもそも、何かをどうにかやったら、私でも合格できるんだろうか

と考えております。
……考えているうちに覚えたものまで忘れていきそうです。

Re: こんにちは。

ゆんゆんさま、コメント読ませて頂きました。ありがとうございます。出来る限り質問に答えていきたいと思います。

> 過去問は2年分しか手に入らなくて、130~160点でした。

実は裏話というかコツがありまして去年の問題は90%以上の確率で出題されないのです。私の経験上今まで13回受検した中で去年の問題が出たのは僅か2問程でした。逆に言えば、去年の問題に掲載されている問題を全て忘れてしまっても何の問題にもならないということです。ですので2年前~5年前の過去問を揃えるのが先決です。過去問はアマゾンで入手するのが最も確実な方法だと思います。

>完全征服、成美堂、新星出版社も3回ぐらい繰り返してやりましたが
>やっぱり問題集をやりこむだけでは1級は突破できませんね。

それだけやられれば十分だと思います。では何故点数が伸びないのか。まず完全征服では過去問の寄せ集めなので各分野の難易度に大いにバラつきがあります。お気づきだとは思いでしょうが、完全征服には(四)の書き取り選択、(七)の熟語の読み・一字訓読みが圧倒的に少ないと思います。これでは合格は無理なので漢検漢字辞典から掲載されている熟語を拾いに行くのです。初めは面倒だと思いがちですが探していく内に「もし自分が出題者だったらこういうのを出そう」という気持ちになりどんどん知識が膨らんでいくはずです。また、自分で調べたものや見たことある熟語は付箋を付けたりマーカーペンで線を引いていくのもおススメです。電子辞書にはない学習の成果を自分の目でしっかり確認できるので頑張ってるなと実感できるはずです。他の成美堂、新星出版社に掲載されている問題のうち、漢検漢字辞典に掲載していない問題は覚えないでください。これにより大幅にカットできるはずなので学習の無駄が省かれるはずです。ただ、新星出版社の問題は過去問をかなり取り込んでくれているので改訂前に比べてかなり有効な書物になりましたね。

> あと自分なりに思いつくのは
> 「問題集の『読み問題』を『書き問題』に作り直して、やってみる」とか
> 「四字熟語を全部覚える(つもりで取り組む)」とか。

素晴らしいですね。読み問題を書き問題にするのはリピーターも取り組んでいることなのでかなり有益ですね。漢検漢字辞典に載っていない熟語は覚えなくて大丈夫ですよ。

> 文章題は語彙が豊かでないと太刀打ちできませんね。

実は私は文章を読んだことがありません(笑)しかし、そのせいで文章題のみ満点を取ったことがないのも納得なのですが…。文章題の書き取り、読み問題をよく見るとその言葉さえ知っていれば解ける問題がたくさんあるはずです。本当に文章の前後から判断する問題は毎回1~2問しか出ないので、そこを仮に捨てたとしても書き取りでは14~16点確保できるし、読み問題の方も熟語を知っていれば解ける問題が9~10問あるはずなので、結果合計20~24点程は確保できるので合格には何の問題もなくなります。文章題は(四)の書き取り選択の対策をずっとしていけば自然と伸びますのでさほど気にしなくて大丈夫だと思いますよ。長々書いてしまいましたがまた再挑戦していただけると思って差支えないですかね。きっと合格は出来ますよ!こんな私でも出来る位なんですからきっと大丈夫です。今度は万全の準備で臨みお互い合格しましょうね。それではまた良かったら来てくださいね。
カミュ
漢字検定1級を中心に書きたいなと思います☆更新は気まぐれです

カミュ

Author:カミュ
みなさんこんにちは!

最新記事
来てくださった方々
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。